スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
 france


日本とフランスに行き、気づけばもう7月半ば…。
時が経つのが早い。

以下、フランス美食の旅の覚書。

L'Interface Chambres d'Hôtes
個人経営の猫のいる宿。とっても清潔で屋根裏の部屋はすごく居心地が良かった。また泊りに来たいな。
朝食のバゲットとクロワッサンと自家製ジャムが大変美味。

La Grillade Gourmande
レストラン。シーバスのグリル、アスパラガスとマッシュポテト添えを注文。繊細。。。今年食べたものの中で二番目に美味しかった‥。(ちなみに1番は北海道の寿司。)
シャンパンは滞在中に計6杯飲んだけれど、ここで飲んだのが1番美味しかった。(しかし名前は忘れた。)

Le Comptoir Général
パリのオシャレな複合施設



東駅の近くにも、意外と素敵な場所があるのね。
広い建物の中はカフェだけじゃなくバーやレストランやお稽古場?など色々。
植物園ですか?というくらい、緑がわさわさ。
ところどころにアラビア文字と、オシャレな黒人のお兄さんたち。この辺がベルリンのカフェとちょっと違う。
なんだかんだ言ってベルリンには白人が多いのだな。

出会った時には20歳だったM君がもうすぐ26歳。立派に大学院を卒業して、外交官を目指している。
「試験はとても難しいから」と言っていたけど、M君なら受かる気がする。
この素晴らしい若者の将来が大変楽しみです。
久しぶりに話せてとても楽しかった。そしてこんな友達がいることを幸せに思ったパリでの数時間。

私も頑張るぞー。

 
| - | comments(0) | trackbacks(0)
 wine tourism


きのう見ていた日本のテレビに出てきた、山口県の高級酒。
そのキャッチフレーズが心に残ってしまいました。
「その先へ、我に安住の地はなし。」…


ワイナリー巡りが好きな私ですが、日本の酒造家も気になってきました。
次に日本に行くとき、日本酒の蔵元を訪れてみよう。宿泊とかもできるのかしら。


ヨーロッパでは、小さなワイナリーや農家がプチホテルをやっていることが多く、それ専門の検索サイトなどもあります。
選べば、清潔で素敵なホテルもたくさんありますが、英語のサイトが無いことが多く、見つけるのには一苦労です。
でも、そうして本当に素敵なホテルを見つけられた時は、嬉しくてたまりません。まるで、宝探しの様な感覚です。

今日もやっと、素敵なワイナリーホテルを見つけました。(空室状況は未確認。空いててほしい…!)
2か月後の、シャンパンの旅に向けて…ふふふ。

といっても専らドイツワインばかり飲んでいるので、シャンパンをあまり知りません・・。
違いを感じられる様に、これから2か月、スパークリングをたくさん飲もうと思います!







 
| - | comments(0) | trackbacks(0)
 kitap..
やらなくちゃいけない事がたくさんあるのに、
そんな時ほどネットサーフィンに夢中になってしまい…
ブクログ、始めてみました。楽しい…。

「本は絶対 "紙"!」、という人も多いですが、引っ越しの多い私は、電子書籍歓迎派です。
紙の本は読み終わったらすぐ、人にあげてしまいます。
前働いていたオフィスでは、海外のホステルでよく見かけるTake one, Leave oneの本棚があり
そこでも色々な本と出合いました。
人の手を渡り歩いて、自分の手元にやってきた本との巡りあわせにも、運命を感じてしまうのです。

でも、やっぱり自分の本棚が欲しいなぁ、と思う時もあり…
そういう意味で、このブクログは、私のニーズにばっちり合っている!
読書のモチベーションも上がります。早く新しい本を読んで、本棚を更新したい…。

そういえば日本に行ったときに、大好きなヤスケンの本をミーハー心で買ったのですが…
これが思いのほか良く…紙の本ですが、しばらく手放したくありません。

家族の思い出話を淡々と綴っており、泣かせるのです…。

年と共に、立派な成功とか、劇的な出会いとか、そういうことだけでなく
誰もが持ち合わせている日々の些細な幸せに、心打たれる様になってきました。
これは、きっと、良いことですね。だんだん、まぁるく、なってきました。



 
| - | comments(0) | trackbacks(0)
 週末のイベント


週末です。
土曜日の昨日はイベント2つをハシゴ。ファッションのイベントと、お酒のイベントです。
お酒のイベントではオイスターを売っているお店があり、ほぼこれが目的で行ったのですが…。
やはりちゃんとしたオイスター・バーに行くべきですね。
昔バイト先で散々タダ食いした、大きな三陸産生ガキが恋しい…。
フルーティなベルギービールと、飲んでみたかったTeschのワインがグラスで飲めました。




世界中からピーターパンの集まる不思議なこの街。
昔からアーティストに憧れる若者でしたが、ここにいると、
「ああ、自分はアーティストではないんだな」と感じる日々です。

ここで私と同様にサラリーマンをやっている友人は貴重です。
そんなお友達と語らいました。
一緒に夏フェスとモロッコに行く約束をし、楽しみな予定がまた増えました。
今年の夏も、思い出深い、楽しい夏になります様に…。
| - | comments(0) | trackbacks(0)
 ワイン 覚書


見本市で試飲したこのゼクト(スパークリングワイン)がとても美味しかったのです。。
(喉が渇いていたのと、広大な敷地を歩き回って疲れていた、というのもあるのでしょうが)
調べてみたら、この地方は元々ゼクトの名産地だとか。

暖かくなってきたら、外で飲みたいな。
こちらで覚えた、楽しみな習慣。
ワインの香りがそよ風と一緒にふわっと舞って、
とっても幸せな気持ちになるのです・・。



 
| - | comments(0) | trackbacks(0)
 もう3月
またご無沙汰してしまいました。

1月は日本(特に札幌!)を堪能し尽くしました。
冬の寒さから逃れる為に日本に行ったのですが、大成功。
ベルリンは私がいない間に大寒波だった様で。
戻ってきたらば春の陽気です。2月だというのに、太陽があるのです。これは事件です。
(去年は3月まで大雪が降っていたし、5月までずっと曇りだった印象)

お陰で軽やかな気持ちで過ごせている今日この頃。太陽の力は偉大。
日々コツコツ、の傍ら、ベルリンならではのイベントも満喫しております。
2月はベルリナーレ(ベルリン映画祭)に行ったり、
廃墟の中にある有名シェフのレストランに行ったり。

昨日、おとといは久しぶりに会う友人2人に会い、新しい場所を発見してきました。
緑のタイルのカウンターが素敵なカフェ
ボロボロの掘立小屋の様なミニシアター
↑ここ是非、今度入ってみたい。

この街には歴史ある個性的な映画館が、数えきれない程たくさんあります。
そういえば引っ越してきたばかりに、この本↓を買って「全部いってみよう」と意気込んでいたのに・・・

まだ、あまり足を運べていないのが残念。
お友達2人とも映画が好きなことが発覚したので、こんど誘ってみようと思います。


そして、毎年開催される世界最大の旅行見本市。
これは非常〜〜に面白い!
世界には、そしてドイツ国内にもまだまだ知らない・行ったことのない場所がたくさんです。
4,5月に、ワイナリーのやっているブランチに行きたい。
モルディブやインドネシアも行きたい・・
来年行こうと企んでいるブータンについても、少しリサ―チ。
ヨーロッパに住めば、逆にアジアに興味がわいてくるから、不思議なものです。

2014年も行きたい場所にたくさん行けます様に・・・。
まとまりのない日記ですが、とにかく、今、色んなモチベーションが上がっているということです!!!
| - | comments(0) | trackbacks(0)
 にっき


数か月前から日本の某地方タレントにハマっており、自分でも驚くほど、熱が冷めまない!
ファンクラブの会費が年間たったの三千円と知り、今日、本気で入会を考えた。危険。
その彼が、毎日ブログを更新すると宣言していたので、私も便乗したいところです。


今日は歯医者へ行って虫歯を治療してもらった。
初めて行くその歯医者は、医者のおじちゃんも助手のお姉さんもとても優しく、
病院の中もまるで実家の様な居心地の良さだった。
治療はものの20分程で終わり、しかも無料!
実は前回行った別の歯医者では、虫歯やら何やら直すのに計350ユーロもかかるといわれたのだっ。
(この国では基本的に治療費は無料だけど、歯医者は例外なので、大変なお金がかかることもある、という噂は聞いており、
遂に私の身にも・・・!?と覚悟を決めていたのでした。)
無料で本当に良かった。。これからは、ここに通おう。
そしてこの病院に行った後は何となく良い気持ちになり、
こういう、良いオーラを発している人っているものだよなぁ、思う。私もそんなオーラを出したいものです。

夜はトルコ語の授業に体験参加。
クラスメイトは9人。おそらく全員ドイツ人。ドイツ語訛りのトルコ語が、いかつくて面白い。
クラスのレベルも合っているし、来週から参加しようと思います。
数年ぶりの習い事!新しいコミュニティ!楽しみです。


 
| - | comments(0) | trackbacks(0)
 japonya'ya..



ルーマニアで起きた野良犬の大量虐殺はこの国でも報道され、昨日も街中でデモが。。
この国の動物愛好家たちは、他国の動物まで救いたいらしい。
そういえば先日ベルリンの動物愛護センターのHPを見ていたら、「トルコの野良犬を助けよう!」と募金を募っていた。
EU加盟国でないトルコにまで。。この国のこういうところ、憎めないというか、なんというか、クスリと笑ってしまう。
こういう干渉は価値観の押しつけにもつながるけれど
この国の人と犬の共生の仕方は、とても理想的だと思う。日本もこうなれば良いのにな、と思う。


本格的に冬の入り口にやってきたベルリン。
窓から見えるテレビ塔は、霧でいつもてっぺんが隠れてる。
明日からはいよいよ、クリスマスマーケットが始まります。

早くも日光不足で、鬱にならないかとおびえており、1月は、日出づる国日本へ行くことに!
誰に会おう♪と考えながら、会いたい人の半数近くが海外にいることに気づく。
つくづく、私には変わった友人が多い。幸せなことかも。
「国内旅行がしたい」というと、家族がいるのに付き合ってくれる友人がいることも、これまた幸せ。

 





 
「効率的」という言葉について深く考えたここ最近。
非効率的な人生にこそ、面白味がある!と信じたいけれど、もう少し、効率的に動かなきゃな…と、少々複雑な気持ちです。


 
| - | comments(0) | trackbacks(0)
 herbst 2013
 

この1年で一番働いたかもしれない・・という怒涛の一週間が過ぎ、
気づけばベルリンに来て1年が経っていました。

冬の訪れが相変わらず怖いですが、それでも近頃、この街が愛おしくてたまらない。
黄葉の散り始めた秋のベルリン。
 

今更?という感じだけど、最近やっと、この国の人間に堂々と物を言える様になった気がする。
とにかく口の立つこの国の方々。交渉事や揉め事は毎回、本当に大変。

相手の剣幕に驚いて黙り込んでしまう時期→
強気に出たら毎回ケンカになってしまう時期→
相手の話をウンウンと聞いてあげる作戦の時期→
を経て、今は相手の話も聞きつつ、自分の主張も冷静に、堂々と言えている。。気がする。

こうやって、自分の成長に気づけると嬉しい。
しかし行き過ぎてドイツ人化しない様に気を付けたい。
(まくしたてる女性は醜い!…これもまたここで学んだこと。笑)

 
写真は先週行った2つ星お洒落レストラン。
銀の玉が降る天井。現実感の喪失した内装がカッコよかった!


 
| - | comments(2) | trackbacks(0)
 utakata


先日見たこのフランス映画、想像力を爆発させた様な内容。
映画自体は、「うーん…」だったけど、( 映像化には無理があるのかな)原作の小説がとても気になる。
邦題は、「うたかたの日々」。泡沫って…切なくて美しい言葉だ。
 
 
ところで、ここ数週間色々な人と素敵な時間を過ごせて、面白い。
NY在住のモード女子やテキスタイルを勉強する頑張り屋の韓国人
マラソンが大好きなトルコ人に、日本人のケーキ屋さん、 オペラ歌手の妊婦さんに元ハウスメート。
約一年ぶりに訪れた街では、同僚たちや、 新しい同僚の台湾女子、不思議な縁のある六十代のお友達とゆっくりお話できた。
 
うむ。久しぶりに、 良い人たちに会える良い気が巡っている気がする。嬉しい。
 
「冬が怖いー」なんてボヤかずに、ベルリンでの生活を楽しもう。
2013年もあと、2ヶ月弱。



 
| - | comments(0) | trackbacks(0)

CALENDAR 
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
PROFILE 
ARCHIVES 
SELECTED ENTRIES 
RECENT COMMENT 
RECOMMEND 
LINKS 
OTHER 


MOBILE 
qrcode